余野コンとは?大阪近郊バイク乗りにしか通じない名所

yonokon

余野コン(よのこん)とは何か?

大阪でバイクに乗り始めて、ちょいちょいバイク仲間が増えてくると、おそらく誰もが必ず通るであろうプロセス。「余野コン」とは何か?最近でこそ、グーグルマップで検索をかけると、なぜか余野コンで表示されるのですが、ちょっと前までは、マジ謎でした。

結論から言いますと、大阪近郊、特に北部のバイク乗りのたまり場で、ツーリングの集合解散地点に頻繁に使用される「ファミリーマート豊能町余野店」のことです。余野にあるコンビニで余野コン。

一代目余野コンは別のコンビニだったらしいので、現在の余野コンは少なくとも二代目以降です。国道423号を箕面から亀岡に向かう方向で左手にございます。なぜ、ここがバイク乗りの名所になったかは不明です。マジただのコンビニなんで。まあ、駐車場が広いのと、オープンカフェ的に使えるテーブルが三つくらいあるくらいでしょうか。

近辺は、山の中・・・という感じではありませんが、少し走ると、野間峠・逢坂峠など比較的タイトなワインディングが多数あり、余野コンを走ってくる!といえば、この辺の峠を走ることをさします。大阪市外から行っても、せいぜい30分から40分で、気軽にワインディングを楽しめる近場の峠遊びの拠点といったところでしょうか。

特に土日の朝や夕方は、ツーリング行き帰りのバイクでいっぱいです。たまり場として有名なので、別にツーリングとは関係なくたまっている人もいるくらいです。別に怖い人はいません。バイク友達が多い人だと、適当にここにくれば、誰かいるだろうみたいな感じのようです。

関西圏で、おそらく一番大規模かつ有名なバイク乗りが集まるスポットは、針テラスだと思うのですが、いかんせん大阪、特に北部の人だと結構距離があるので、大阪市街地から北の人のためのスポットです。同じような位置付けで私が知っている集合場所とだべり場所の機能が合体しているのは、京都「美山」たつの「御津」とかそんな感じですかね。まぁ、エリア外の方でも、余野コン集合解散のツーリングは結構あると思いますので、覚えておいて損はないとは思いますが、マジただのコンビニなんで、あえて行っても観光価値はゼロです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク