冬場のツーリング

snowman

冬でもバイク乗りは止まらない!

バイクが好きだと、気候は関係ないんじゃないかと思います。普段アグレッシブに走っている人でも、せっかくの機会なので、観光やグルメに重点をおいたツーリングをしてみるのも、新鮮です。私はオンシーズンは峠道メインですが、冬場は淡路島一周淡路島バーガー連食ツーリングや、突貫ラーメン食い歩きツーなど、いつもと趣向の違うツーリングを楽しんでいます。

冬のツーリング心得

万全の防寒

寒さで体が動かなくなると、思うような動きができなくなり危険です。また、せっかくのツーリングが、寒いばかりであまり楽しめなくなります。基本は、風が入らないようにすることと、重ね着をすることです。この二つさえ入念にしておけば、相当気温が低くても、結構いけます。防寒専用のグッズも充実していますので、余裕がある方は、ハンドルウォーマーや、電熱インナーなども、使用した方の評判はよいです。冬用グローブの下に、薄手のインナーグローブは、コストパフォーマンスも良いのでおすすめです。

グリップ対策

対策・・・はしがたいのですが、タイヤというのは、温度が低いとグリップ力が低下します。どこぞの海外メーカーサイトを見ると、凍結さえしていなければ、道路のほうは冷えているほうがミューが高くなり、グリップしやすいとか書いてましたが、基本的には冬場のグリップは落ちると考えましょう。特に、ハイグリップタイヤの温度依存性はバカにできません。ものによっては、マジでスケートリンク滑っているような感覚に陥ります。タイヤグリップの物理的低下は、どうこうできるものではありませんので、低グリップ路面でも安全に走れる走り方、を心がけましょう。具体的にはブレーキ操作、クラッチ操作は直線で終わらせる。コーナーでは、上体の体重移動を上手く使ってバイクを無駄にバンクさせずに曲がり、立上がりのアクセルもフルバンクからアクセルオンでバイクを立てるような行為を差し控える(笑)これが、正解!なのかどうかはわかりませんが、リーンインでのいわゆる白バイ乗りは、路面グリップが低いときにバイクがコントロールしやすいのでお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク