速いバイクってなんだろう SSからの乗換えで感じたこと

YZF-R1からMT-09に乗換えて

事故でR1が中破してしまい、お金がないのでコストパフォーマンスがよいMT-09に乗換えてから1年が経過しました。このMT-09、めっちゃ速い知人でほぼ同じようなチューニングとセッティングで走っている人がいるので、このバイクで走れないのは、要するに腕前の問題なわけです。

で、実際走らせてみると、しっくりこないんです、これが。たまたま乗換えた年は何かと乗る機会が少なかったため、ここ最近になってようやくなじんできたので、何が違ったのか感じたことを書いていきたいと思います。

SSの優秀さはパワーだけでも空力だけでもない

私のMT-09は、かなりパワフル仕様で、中低速においてはトルクが太い分SSを凌駕してもおかしくない性能です。また、高速道路でひたすら直線とか、サーキットユースでもない限り、空力の差も影響があるとは思えません。それでも乗り換えた後に、遅くなったのはひとえに「行ける気がしなくなったから」

R1の時は、どんなスピードで、どんなコーナーでも、「このバイクなら曲がれる感」がありました。直線も無理なくスムーズに加速しますので、気負わずリラックスして行けてたわけです。カウルのおかげで風が来ないというのも、一因だとは思いますが、一番の要因はそのバイクで効率よく速く走るために必要な姿勢を勝手にバイクが作ってくれることだったと思います。

MT-09で走っていて、結局のところ、重心が高すぎたこと、体重移動が少なすぎたこと、この二つを改善することで、ようやく「乗れてる感」が出てきました。知らず、体の使い方がSSになじんでしまっていたようです。SSは、ネイキッドに比べて姿勢が窮屈ですが、考えようによっては、ネイキッドは確かに楽には乗れますが、きっちり走ろうと思ったらその窮屈な姿勢を作らなくてはいけないということですよね。

バックトルクリミッター(もしくはスリッパクラッチ)の有無

乗換え時のポイントとしてはあまり意識していなかったし、今さらではありますがコーナリングでバックトルクリミッターの有無は結構重要ですね。バックトルクのコントロールを意識しないことで、予備動作のタイミングが多少ルーズでもよくなり、そこに余裕が生まれます。バックトルクをイメージしてタイミングを合わせる作業がまるっぽいらなくなるというのは、感覚的に大きいのを体感しました。

しっくり来るまでの感は、結局そこを意識する習慣がなかったため、直線手前での減速が不必要に大きく、タイミングもめちゃくちゃでした。予備動作に入る前は、十分にアクセルを開けてから調節するようにという意識を持つことで、ずいぶんよくなりました。

やっぱりセッティングとかメンテナンスとかは重要

最後の決め手としては、メンテナンスをきっちりする事で、バイクの乗り味ががっつり変わりました。実際にやった内容としては以下の通りです

  • タイヤを純正のS20から、ミシュランの新型パワーRSに
  • オイルをR1の時と同じリッター1万円の高性能品に
  • 流行りのアルミテープカスタム!
  • フロントサスの突き出しを12mmほど調整

いっぺんにやったので、どれがどの効果というのがわかりにくくなってしまいましたが、別のバイクのように乗りやすくなりました(笑)

結論 速いバイクとはライダーが速く走らせられるバイクである

あたりまえすぎて、つまらない結論ではありますが、何台も乗り継いだベテランライダーならいざ知らず、我々凡ライダーでは忘れがちです。

エンジン性能、旋回性能ともに極まっているが、一握りの達人にしかまともに走らせられないバイクと、性能は並みだが、誰でも安心して性能を引き出せるバイクとでは、後者の方が結果として速く走れるわけです。で、そういうところを司る部分というのは、主要スペックには表れない設計に起因するんですよね。

乗りやすいバイクで、ライディングに慣れることがよいのか、そうではないバイクで、バイクに合わせる、あるいはバイクを操ることでバイクを走らせるのかというのは、その人がどういったライダーを目指しているのかによると思います。私の場合は、やっぱりどんなバイクでも使いこなせるライダーになりたい!・・・んですが、先日も会社のカブの遠心クラッチの扱いにくさに辟易しました(笑)

で、どちらにせよ、「速く走らせられるバイク」にするためには、メンテやセッティングの占める割合はすごく大きいです。別の記事でも触れてますが、どこで走りたいのかによって、そもそもバイク選びの段階で捨てざるを得ない部分もでてきます。自分が選んだレンジの中で、カスタムやセッティングによって、一点豪華主義で長所を伸ばしていくのか、もしくは短所を改善してバランスのよいバイクにしていくのか、考えながら金勘定するのは楽しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. kuroki より:

    はじめまして。kurokiと申します。

    私も同じようにYZF-R1からMT-09に乗り換えました。
    やっぱり皆さん、同じようなことを感じるんだなと思い、ニヤニヤすると同時にホッとしました。
    http://mt09.funrides.org/20150822/ss_to_mt-09/

    気軽に乗ることができるマシンですが、しっかり走り込もうとすると、割と難しいと思っています。
    マシンをカスタムして自分好みのマシンに仕上げたことと、このマシンでの走り方がわかってきたことで、自分とマシンが「噛み合ってる」感じがするようになり、最近は楽しく走れています。
    MT-10などへの誘惑もありますが、今しばらくMT-09を楽しんでいこうと思っています。

    • dnarumi より:

      記事拝見ました!ホント笑えるくらい似た感想ですねw
      結局我々の年式のmt09は、それなりに走ろうと思ったら、サスに手を入れてない人はみな苦戦してるイメージです。
      最新モデルでは、サス交換なしでもずいぶん良くなってるそうです!