スポーツライディングと安全装備~ツナギフル活用してます!

tsunagi

安全装備を心がけましょう

スポーツライディングをするならば、と言うよりは、本来はバイクに乗るときは常に安全装備を心がけたいところです。気軽に日常に乗るのにあまりガッツリプロテクターというのはありえないのですが、一緒に走っている人たちが、バイクで大きな事故にあってしまうケースというのは、意外とツーリング中ではなく、通勤途上が多いのです。装備の薄いときはマージン大目に取る感じで走りましょう。

ツナギの威力

ちなみに、私はメインバイクでツーリングする時は、真冬のモコモコツー以外は、必ずHYODの皮ツナギを来ております。ちなみにグローブはHYODのレーシンググローブ、ブーツはガエルネ、メットはX-12です。

色々試着してみたところ、いい商売してやがるなと思ったのは、値段が高いものは、確実に動き安いという点です(笑)特に前傾姿勢で乗ったときにピッタリ来るようになっているので、便利です・・・が、クソ重いです。着る時、脱ぐ時は、よくこんな重たいもの着て一日過ごしてるなと思います。

ビジュアル的には、かなり痛々しいでしょう。HYODのツナギはデザイン的には結構マシだとは思いますが、正直家を出て大阪市外を通過している間などは、傍目には、「あのオッサン何と戦ってんのやろ?」くらいの痛々しさがあると思います。気合はいりすぎ感満載です。

それでも私は、胸を張って(前傾なので張れませんが)ツナギを着ますwというのは、絶対的に安全なのを、過去に経験しているからです。よくこけるものですから。

過去に2回、バイクが中破する転倒をした際に、ツナギを着ていたおかげで人体はかすり傷で済みました。うち、一階は、共振による転倒だったので、結構な勢いで倒れ、バイクは50m人間は30mくらい転がったと思います。激しくアスファルトにこすられましたので、ツナギを着ていなければ、確実に大根おろし状態だったと思います。

もう1回の中破が、写真の時です。ごらんの通り、バイクは完全にいっちゃっていますが、ごらんの通り人間はぴんぴんしております。

2回で左右にこけたので、ツナギを満遍なく使用しております。

こんだけコケていると、次コケない保証などどこにもない(その後ノーツナギでバイク壊してます)ので、ツナギの必要性を強く感じるわけです。一緒のツーリングで、後遺症が残るような大怪我をされている方を見ても、ツナギだったら大丈夫だったのにと思うようなシーンもあります。

コケるつもりでコケる人はいません。長く走り続けるならば、常に安全装備をおすすめいたします。諸事情で私服を着たい時も、プロテクター類をきちんとつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク