鳥取長期滞在ツーリング【後編】 鳥取ラーメンと奥出雲出撃の旅

鳥取ツー3日目

東郷湖

togoike

はい、ツーと言いながら、3日目は徒歩で滞在しているはわい温泉がある「東郷池」を歩いて一周にトライいたしました。池と名付けられていますが、ほぼ湖です。一周するのに4時間くらい歩かなくてはいけません。

半周したあたりで、心が折れ始めますが、出雲山展望台があります。

idumoyama

なぜに出雲山と言うかといいますと、大国主命(オオクニヌシノミコト)の娘である下照姫命(シタテルヒメノミコト)が、故郷である出雲をしのび、この高台から出雲の方角を眺めていたという故事に由来いたします。ちなみにこの近くには、下照姫命を祭った、倭文神社という神社があるのですが、売りである安産祈願にはあまり用がないことと、心のスタミナの都合で参拝は割愛いたしました。

togoike2

他に特に観光目的なスポットはないのですが、静かでゆっくりした時間の流れを満喫してお散歩です。はわい温泉から時計回りで四分の三周くらいしたところに「東郷湖温泉」があります。温泉街にあるJR「松崎」駅の駅前「ふけた食堂」でお昼ごはんです。

ふけた食堂

fuketasyokudo

牛骨が効いておりますが、少々調味料が効きすぎかな。まぁ、そこは鳥取牛骨ラーメンは現地のソウルフードなので、やむなしというところでしょう。

東郷温泉龍鳳閣 ゆとろぎ

おなかも一杯になったところで、日帰り温泉「ゆアシス東郷龍鳳閣」でまったり、湖にせり出した露天風呂で休憩。こちら、中華庭園が売りらしく、中華ショップなどが充実。しかしながら私は鳥取を満喫しに来たのであって中華には興味がないのでその辺はスルー。しかし、温浴施設内に、ラーメン屋「牛骨拉麺屋ゆとろぎ」がありましたので、そちらでラーメンをいただきました。

yutorogi

普通においしいです。が、先ほど食したラーメンの化学力により、舌が若干バカになっており、残念ながら細かい味はわかりませんでした(笑)

で、ゆっくりしたところで、さらに45分ほど歩き、宿に到着。

で、本日はラーメンデーという事で、晩御飯は、バイクで倉吉まで移動し、鳥取ラーメン御三家の一つ「いのよし」へ

いのよし

inoyosi

こちら、数年前に御三家来訪時には、違う場所で、いかにも田舎の食堂という感じの古い店構えだったのですが、ロードサイドのこぎれいな今時のラーメン屋になっておりました。味は変わらず安定のさすが御三家といった旨さ。でもせっかくおいしいのに晩飯時だというのに店舗はガラ隙ですw日本のラーメン界のためにも潰れないでほしい。でも、鳥取ってそもそも人口少ないのに、この店の近所には新進気鋭の名店「幸雅」や、鳥取牛骨の雄「香味徳」などもありますので、なかなか厳しいのかもしれません。

こうして、ツーリングのツの字も出てこない3日目が終了いたします。

鳥取ツー4日目

さあ、4日目は走りますよ!という事で「奥出雲」へ!・・・・すいません。鳥取じゃありません。島根です。

前回この辺を旅した際、世界遺産石見銀山や、出雲大社は訪問したので、今回は少しマイナーな旅を楽しもうと思い、奥出雲をチョイスしました。

奥出雲おろちループ

orochhiloop

まずは最初の目的地、道の駅「奥出雲おろちループ」。日本最大のループ橋だとか。ひたすら山道をMT-09でぐるぐるし、やってまいりました。写真では木が茂っていて見にくいですが、地図で視認できるくらいの巨大ループになっています。周辺には何もありませんが、総事業費140億円・・・俺にくれ。

無事第一の目的地をクリアし、本日のメインスポット「菅谷たたら山内」へ。

菅谷たたら山内

tatara

歴史の教科書に出てくる「たたら製鉄」のたたら場としては、国内で唯一残存している施設だそうです。そしてここの何よりの売りは「もののけ姫」の舞台となった場所なのです。

後に仏教に対抗した中途半端かつ俗人的な作為によって、アミニズムとしての神道というのは歪められ、中途半端で未熟な宗教のような印象になっておりますが、本来の神道というのはまさに「もののけ姫」の世界観です。ついでに言うと、スタジオジブリ作品というのは「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」などを中心に、かなり忠実に日本古来の心象風景というのを描き出しています。

生きる術としての文明を手にし、人の手の及ばない領域「神」とある意味たたかいながら、この国は育ってきたのだなあと、奥出雲の山奥の空気と、たたらの痕跡を眺めながら思うのでした。おすすめできる観光地です。

鳥取ロングツー総括

で、そんな感じでその日は宿に帰りまして、その後はまっすぐ帰路につきました。この近辺には、境港や宍道湖、鳥取砂丘など、ほかにメジャーな観光地も多々あります。食に関しても、ラーメンだらけでしたが、境港のまぐろや、宍道湖のシジミなど、鳥取ならではの食文化も充実しています。

追われる日常に疲れたとき、日本を代表する田舎、鳥取で心の洗濯してみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク