龍神温泉~バイクで一人旅の峠合宿

spa_ryujin

龍神温泉

バイクで温泉一人旅

時間があった頃は、練習もかねて一人で温泉地に一泊ツーリングに行っておりました。温泉に入ると、気持ちよくて眠くなるため、バイクの帰りがつらくなったりするので、泊まりで温泉がおすすめです。一日、温泉地近くのツーリングコースを周遊し、ゆっくり温泉につかるのは最高のレジャーだと思います。人と一緒もいいですが、ひたすら自分のペースで過ごせる時間というのもいいものです。今回は、私がよく利用していた、龍神温泉について紹介させていただきます。

龍神温泉

龍神温泉Wiki

龍神温泉は、和歌山県にあり、北から行きますと、高野山金剛峰寺などがあるあたりから、関西のツーリングスポットとして有名な「龍神スカイライン」を抜けたところにある、こじんまりとした温泉街です。宿数もあまり多くはなく、夜食事をする場所やコンビニも皆無のため、ややマイナーな温泉なのでしょうか。

なお、今回はバイクで温泉一人旅の紹介なので、龍神スカイラインそのもののご紹介はまた、機をあらためて。

「元湯」というところは、日帰り入浴が可能です。(冒頭写真に写っている建物が、龍神温泉元湯です)バイクでありがちですが、入り口でタオルを借りるのを忘れると、出るに出れないことになりますのでご注意を(私は一回やらかしました。)バイクを止められる駐車場は十分にあります。元湯には、露天スペースがあり、日高川を眺めながらゆったり温泉につかることができますが、川向こうの道からはおそらく男湯は丸見えなので、あしからず。

このあたりから三重県にかけての温泉は、泉質がアルカリ性の高いヌルヌルの、いわゆる美人の湯でして、特に龍神温泉は、資料によっては日本三美人の湯にあげらるほど、泉質が素晴らしいです。

お食事については、旅館数が少なく、由緒正しい旅館(泊まったことはない)では、地元素材を生かした山の幸料理が楽しめるとは思うのですが、休めの宿を確保して晩飯がない場合、居酒屋が歩いて1kmの場所にかろうじて1軒あるくらいしかありませんのでご注意ください。

ちなみに、このエリア、グルメスポットがそれほどあるわけでもなく、ランチもチョイスに苦しむところですが、道の駅「龍游」の「しいたけバーガー」がおすすめです。

shiitakebarger

しいたけバーガーと地鶏バーガー

下御殿

で、私が何回か利用した、お勧め宿がこちら

下御殿

simogoten

由緒正しい宿で、まともに泊まるとそれなりのお値段がするようなのですが、こちらのお宿、ツアーバスの添乗員さんなどが利用するためのシングルルーム素泊まりがあり、安く利用できるのです。晩飯は、おにぎりと、カップラーメンがありますw

温泉は普通に利用できて、なんと、お風呂の中まで畳張りです!混浴風呂もついているのですが、私には勇気がたりませんでした

ちなみに、元湯のほうにも、簡易な宿泊施設があったと思います。

ちなみにマッサージ師さんは数が少なく、他の旅館と予約とりあいなので、マッサージの手配はお早めに、私が利用した男性のマッサージ師さんは、かなり腕がよかったです。



いつもこれで予約してます。

いかがでしょう。バイクで温泉一人旅は、個人的には男の浪漫がつまったおすすめの休日の過ごし方です。都会の喧騒を逃れて、アクティブとまったりが両立した、大人の休日を過ごしませんか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク