スローインファーストアウト考察~バイクライテク研究

maxresdefault

コーナリングの基本

いつもslow in fast outなのに、なぜファーストと伸ばすのだろうと思いますが、一般的にスローインファーストアウトと言われる事が多いので、世の風に流されることといたします。
スローインファーストアウト自体は、二輪のみならず、四輪においてもコーナリングの基本と言われているようです。言い換えますと、立ち上がり重視というやつで、反対はつっこみ重視となります。では、立ち上がり重視の何がよいのかを見ていきましょう。

コーナリング前後の速度比較

slowfast
同じ速度からコーナリングに入った時の、平均速度の変化を図にしてみました。ブレーキング能力は同一、加速は一区間20km加速できるものとして計算しました。結果として、ブレーキングポイントが手前の例の方が平均速度が速くなっております。コーナリングにおいて、立ち上がりの加速区間を長く取れることが重要であるということが、見てとれると思います。ちなみに、図を延長するとさらに差は開きます。
体感的にも、突っ込みすぎた時の立ち上がりのもたつきを思うと、この数字は納得感があります。

見通しに対する柔軟性

前述の理由は、サーキットでも通じるところですが、公道においてはスローインファーストアウトはさらに重要性をまします。
見通しの悪いコーナーでは、相当経験がないとコーナー全体のR(きつさ)を事前に読むのは困難です。また、読めたとしても予想外に回り込んでいるコーナーというのも存在します。早いタイミングで速度を落としておけば、コーナーが開けた瞬間にクリッピングポイントを決めて、コーナーなりに立ち上がっていく事ができます。これがギリギリまで引っ張った後だと予想をはずした時の対応余地がなくなります。
つっこみ重視の場合は、えてしてハードブレーキングになりがちなので、コーナーの仕舞いに近づいてガッツリ減速Gを受けている状況になり、特に慣れていない人の場合は、思い切り上体に体重が乗ってバイクが曲がりにくくなり、ガードレールにささります。

ファーストインコースアウト
以前どっかのサイトで見た名言

安全に上達できること

よりコーナリングを上達ために練習するアプローチとしても、スローインファーストアウトは適しています。
最初は、薄く長くのブレーキングの練習もかねて、コーナー手前で絶対曲がれる自信のある速度まで早めに減速します。そして、ゆとりのある速度で、体の力を抜きながら、体の使い方や、ライン取りを意識的に行い、立ち上がりでアクセルを開けていく練習をします。注意点としては、メリハリのある運転をしないと練習にならないので、直線はコーナー手前までブレーキングすることを考え、多めにアクセルを開けるようにする事です。少々開けても、絶対曲がれる速度まで必ず減速するので、安心です。これを繰り返しながら、適切なブレーキングポイントや、自分が曲がれる速度を見きわめつつ、絶対に曲がれる速度そのものを向上していく事とあわせ、アクセルをどれくらいの早いタイミングで、どれくらいの強度で開けていけばいいのかを改善していくことで、全体的なコーナリング技術が向上していきます。
常に自分の技術でコントロールできる範囲内で練習・改善ができるので、安全に上達ができます。リスクがあるポイントは、アクセルに関してのみですので、これはグリップの感触を確かめながら、急な操作は控えましょう。
アクセルはいきなり全開まで開けても突如として最大回転数になるわけではなく、じわっと上がっていくのものではあるのですが、アクセルを開け始めるタイミングというのは、まさに最大バンク中ですので、くれぐれも慎重な操作を心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク