バイクのすりぬけ、追い越しで留意すべきこと

Hofmann_crash_laguna

バイクの事故で、経験的に多いのが、すり抜け、追い越しの前後の事故です。そもそも道路交通法上で、バイクのすり抜け、追い越しがどのような扱いになっているかというのは、ネットで調べても諸説ございます。警察がどのような基準で取締りを運用をしているのかを知らないので、明言は避けますが、以下の点は間違いないようです。

  • 高速道路で左の路側帯に出ると、高い確率で怒られます
  • 複数車線の間すり抜けは、車線変更を伴いますので、車線変更禁止の黄色線のあるところですりぬけをすると怒られます

そもそもどういった状況なら、すりぬけ、追い越しが許されるのかという議論は、正直私は結論出すほどの材料を持っていないので、ここでは、すりぬけ、追い越し中、あるいはその前後で事故のリスクというところに論点をしぼって、注意点を挙げて行きたいと思います。

無理しない

これ絶対です。自分の技術で例えばミラーとかをぶつけない、車が急によれた動きをしても、必ず回避できる。こうした自信がない限り、やらないでください。集団で走っている場合も、前が行ったからといって自分が自信がなければ絶対にやらないで下さい。また、マスツーで先導される方は、同行者のスキルや経験を踏まえて、すり抜け判断を励行してもらいたいものです。また、早くパスしなくてはという焦りは、操作のミスを誘発します。丁寧な操作ができる余力がない状況でのすりぬけ追い越しはやめましょう。

バイクによって難度と危険性が違う

当たり前ですけど、車体が小さくて小回りのきくバイクのほうが、すりぬけはしやすいです。市街地でミニバイクがブンブンいってます。一方で、安全性という観点で行くと、間逆で、排気量の大きなバイクほど安全です。豊かで安定した加速力で、一番危険なポジション=四輪車輌の死角から横に並んでいる位置にいる時間を消し去れるからです。
つまり、小排気量車は、比較的狭いところでも入っていけますが、彼我の速度差と自車の加速力を加味して判断すること。大排気量車は、そもそも車両がその感覚で入っていける余地があるのかどうかを考えることが必要です。

ドライバー心理を考慮する

車に乗っていると、バイクに周りをうろちょろされるのは嫌なものです。また、死角からバイクが飛び出してきたり、急に前に出られたりすると、とても怖い思いをします。驚いたドライバーはこちらの予測しない挙動をするかもしれません。例えば急ブレーキを踏んで、後続のライダーを巻き込むかもしれません。ツーリングが日曜日などだと、サンデードライバーかもしれません。
すりぬけ、追い越しに限らず、視界にある車のドライバーにとって、こちらの挙動がどう見えるかに配慮して運転する必要があります。

路面状態に気をつける

すりぬけ、追い越しをするということは、本来走るべきラインをはずすということです。例えば、路面の白線があったり、砂などが散乱していたりという事が多々あります。特に、車線変更しながらすり抜けていく場合は、白線をまたいでいくわけですが、白線上というのは、びっくりするくらい滑ります。別の項目でも触れましたが、特に雨の日などはバイク用のトラップ以外の何ものでもありません。くれぐれも、白線上でブレーキ操作や加速操作が必要にならないように気をつけましょう。

往々にして、バイク乗りのマナーの悪さが指摘されるのは、すりぬけ、追い越しに関する場合も多いと思います。マナーが悪い=周囲に不快感を与える危険な挙動をしている=技術か判断力のどちらかが不足している。と心得て、安全で心地よいバイクライフを送りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク