ネイキッドバイクの特徴

nakedバイクの王道は、やはりネイキッドでしょう。どんな用途にも高いレベルで対応いたします。取り立てて欠点らしい欠点はなく、扱いやすく、万人が楽しめるのが特徴です。これからバイクの楽しみを覚えていく人にはもってこいのタイプになります。

しいて欠点を上げるとすると、乗りやすすぎる事で、技術不足がカバーされてしまうことです。運転技術が不足していても、さほど不便や危険を感じる局面はありません。なので、ネイキッドで満足してしまうと、せっかくその先にもまだまだ魅力的な世界が待っているバイクライフの扉を開けることなく終わってしまう恐れがあることと、結局技術を磨かなくてはという必要性を感じる事もないまま、時々本人が気づかないところで危険すれすれの局面が生じているということにもなりかねません。

しかしながら、バイクは高価な買い物ですので、一台で街乗りもこなしつつ、週末は荷物満載のツーリングを楽しんだり、時には峠でスポーツライディングを楽しんだりと、バイクライフを満喫するには、ネイキッドがもっとも適しています。

注意:コンディションが悪くても、なりに走っちゃいますので、基本的なメンテナンスは意図的に習慣づけるようにしましょう。(私がCB400SFに乗っていた時、今にして思えば、かなりありえない状態で乗っていた経験から)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク