原付二種バイクの特徴

gen2市街地最強は間違いなく原付二種(51~125cc)です。最高速こそ時速100km程度しかでませんが、加速力に優れたモデルが多く、車体が小さいのですり抜けも楽々、なんならエンジン切って横断歩道も渡っちゃいます。125cc以下のみ駐車可能な駐輪場も多く、かつ原付一種と違って、制限時速30kmとか、二段階右折とかおかしな制限もないため、普通うにバイク乗るのと同じ感じでいけちゃいます。また、燃費も高く、リッター40~50kmくらいは軽く走るエコさも売りです。

各モデルカスタムパーツが充実しており、比較的ローコストで自分好みの仕様に仕上げられるのもメリットの一つです。通勤用などに使っていると、接する機会が多いので愛着もひとしおです。

デメリットはただ一つ

高速道路に乗れないので遠くへ行くのに向いてない

なのですが、そんな原二も、バイク乗りはバカが多いのでオーナーからの愛を受けているケースが多いので、あえてひたすら下道で、遠方までのツーリングを決行するツーリングも頻繁に見られます。

絶対性能は高くありませんが、バイクの持てる性能を目いっぱい引き出して走りますので、乗っていて楽しいバイクです。市街地最強のプライドにかけて、シグナルダッシュではSSにも負けないぜ!と意気込んでみたりもしますが、そこだけはさすがに相手になりません。(リッターSSはスタートダッシュなら○千万円のスポーツカーより速い)

マスツーリングの参加が制限されてしまうので、メインバイクとしては運用しにくいのですが、セカンドバイクの第一選択肢です。(どっちがメインかわからないくらい原二ばかり乗るようになりますが)アマチュアが参加できるミニモト専用のレースなんかも豊富にあるみたいで、ミニサーキットで遊ぶ専用に原二を運用している方も多いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク