KSR110 国内ファイナルカラー~バイクライフのお供に!

KL110A8S

バイクを愛するあなたへ、KSR110!

なんやかんやで、現在私が保有しているバイクはこいつのみ。あえて車種全般の紹介ではなく2009年国内最終モデルのKSR110についてご紹介させていただきます。

たまに、ミニモトのレースなんかをやっている人から、「KSR速いよ!」みたいの聞くと思います。それは、ツースト時代のKSR80(KSRⅡ)の話です。フォーストロークの国内仕様は愛がないと乗れないくらい非力なバイクです。

現在では国内販売はされておらず、東南アジアモデルがあるのですが、そちらはマニュアルクラッチ仕様とセミオートマ仕様(遠心クラッチ式)が選択でき、セルスターターが着いている快適仕様です。

KSRの歴史はこちらをどうぞ

KSR Wikipedia

こうして見ると、悲しいくらいに不遇なKSR国内ファイナルカラー仕様。しかしながら、この上ない愛情を注いでいるマイメインバイクであります。

ちなみに当該年式の諸元はこの通り

ksrspec

残念なくせにいい値段しますね

KSRの良いところを探せ!

  • 110CCのため、多くの原付駐輪場にとめれる
  • この手軽さで、モタードスタイルの運転を楽しめる(ホンダのグロムが出たせいで存在意義消失)
  • 燃費は公称リッター40km(タンクが小さいので航続距離は短いです)
  • 通勤バイクにすると、通勤過程が楽しくなります
  • KAWSAKIユーザー気分を味わえます
  • 足つきバツグン
  • アナログバイクなので、バッテリーの状態を気にしなくていい
  • カスタムパーツが豊富、かつ安いので、自分の思う方向性に染め上げられる
  • 軽く、小回りが利くので市街地で使いやすく、GIVIタンクなどをつけると積載性も問題なし、カスタムによってはミニモトでも使える万能っぷり
  • 電子制御とか一切ないので、しょぼい速度でバイクの技術を磨くのにぴったり
  • 手間がかかったヤツほど愛しく思える人間の心理

この年式のKSRに乗る際気をつけること

  • 寒い季節はキックがすごくかかりにくい
  • ノーマルライトは薄暗い
  • ノーマルだと非力
  • 長い距離はお尻が痛くなると評判(個人的にはそれほど感じない)
  • 遠心クラッチはもう一つスムーズさに欠けて使いにくい
  • 意外と航続距離は短い
  • ホイールとか、ノーマルマフラーとか、無意味に安っぽい

おすすめカスタム

  • マニュアルクラッチ化(必須)
  • ハイスロ化
  • CDI交換(この年式のみ)
  • マフラー交換
  • 吸気パーツ交換
  • ヘッドライトLED化

と、この辺はKSR愛にあふれたお世話になっているマツカタモータースさんのブログに詳しいので、細かい愛情あふれる説明はあちらをご覧下さい。ただし、最新逆輸入モデルの場合は、そのまま適用されませんので、新車を購入されるかたは参考にはならないです。

あまりいいことを書いてないような気もしますが、とても扱いやすくて、日常生活でパートナーとして重宝する、愛情あふれるバイクです。乗っててとても楽しいですし、SSとかと違って気軽に乗れるおともです。バイクが好きな方の、日常用バイクにはたいへんおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク