バイク用ヘルメット論!~転倒体験に基づく比較を踏まえ

helmet

バイクとヘルメット

バイクのヘルメットというのは、値段的にもピンからキリまであります。頭を守る=命に直結するということで、値段を惜しんではいけないと言われますが、正直何がどのように違うかを見極めるのは難しいですよね。死亡事故が起こっても、メットが違うメットなら死ななかったなんていう統計は出てきませんから。

なので、今回は大まかなヘルメットの分類と、私が使ったヘルメットの比較感想を行ってまいりたいと思います。

メットに求められる性能

安全性

ヘルメットにまず前提条件として求められる性能です。国内安全基準などで排気量別に違いがあったりしますが、法令上はSGがどうのとか書かれているわけではありません。使用目的を考えて、実際に安全なのかどうかというポイントを抑えましょう。

静かさ

静かさ、と言っても運転に必要な情報としての「音」は拾えなくてはいけませんから、ここで言うのはツーリング目的などで、使っているうちに結構気になってくる風切音です。インカムなどを使っていると風切音が大きいと、会話に支障が出てきたりします。

空力性能

これが、意外と馬鹿になりません。メットごとに違いが分かるという要素ではないのですが、スポーツ走行用のメットだと、高速道路の速度域での風の抵抗が、目に見えて違ってきます。

利便性

気軽に使えるかどうか。特に日常使いメインだと、手軽さというのは非常に重要な要素です。

経済性

バイクのヘルメットの値段というのは、数千円から数十万円まで、様々です。ここでは安いほうが高評価とさせていただいております。

デザイン性

デザイン性に関しては、このタイプのメットだからこうというところではないと思われます。それぞれのタイプで、好きにカスタムできますので。なので、タイプ別評価項目には入れていません。市販のもので、お好みのデザインのものを選ぶほかにも、あえて無地のメットを買って、ステッカーやペイントでお好みのデザインに仕上げるのもありでしょう。

メット分類

半キャップ

prefixogk-revolver-an2suffix

halfcap
原付用という位置づけになるのでしょうか。ドンキホーテなどで格安で売っています。ビックスクーターに乗ってる若者や、現役の暴走族、大阪のおばちゃんなどが愛用している逸品です。
安くて手軽なのがとりえです。でも安全性を考えると個人的にはあまりお勧めしません。

ジェットヘル

jethel2

jethel

耳まで覆われる形で、あご部分がないタイプです。安全性ではフルフェイスに劣るものの、ちゃんとしたものを選べばそれなりの強度もあり、価格もお手ごろなものが多いので、街乗りからツーリングまでお勧めです。このタイプのメットで街中で顔面からこけた事があるのですが、シールドは吹っ飛びましたが、特に顔に怪我をする事はなかったです。風切音は、チョイスしたものによって、格差は大きいです。

フルフェイス

fullface2

fullface

安全性は最高です。風切温も他のものよりも小さく、空力性能はバツグンです。高速道路などでは長所が引き立ちます。一方で、密閉性が高い分かぶるのが面倒で、かぶり方を間違えると耳や顔が痛くなったりします。また、なんちゃってフルフェイスを除くと価格も高価です。

システムヘルメット

prefixmotostyle_neotec_2suffix

systemmet

フルフェイスのあご部分が引きあがってジェットヘルタイプになる形式のものです。シールドの中で、サンバイザーをワンタッチでおろしたりできる機能もついてます。フルフェイスとジェットヘルの良いとこどり・・・かと思いきや、構造上でかいため、ジェットヘル形態がアンバランスになるため、結局フルフェイス形態しか使わなくなります。また、価格も結構高めなので、今後の進化が望まれるところです。

オフメット

offmet2

offmet

オフロード用メットです。目的が限定されているので、高速域の安全性とかはあまり期待できません。体を動かすので通気性などはバツグンですが、オフロード以外ではデメリットしかないでしょう。私はモタードに乗る時にあくまでスタイル的な観点でかぶってました。

アメフト用メット

helmet

americanfootball

アメフトは頭部の負傷が多いスポーツなので、強度はバッチリです。でもキツキツなので、かぶりにくい上に、フルフェイス並みに高いです。あえてアメフト用メットをかぶる必要性は感じられません。が、私が昔アメフトやってた時に、寮で同じ部屋の先輩がアメフトメットかぶってバイクで出て行った実話を元にここにあげておきました。

過去のヘルメット使用感比較

OGKジェットヘル

何種類か使ってみたのですが、軽くて安くて、結構お勧めです。ただし、風切音は、同じOGKでも値段によってガラッと変わる感じでした。ちなみに、ハーレーで顔面からこけた時はOGKのジェットヘルでしたが、シールドが付け根の部品から壊れて吹っ飛んで、メット自体は使用不能になりましたけど、頭部に外傷はなく済みました。

YAMAHAシステムヘルメット

とにかくデカかったです。急ブレーキした車のオカマ掘って、空中で一回転して頭から落ちましたが、特に怪我はなかったところを見ると安全性はよかったのではないでしょうか。

SHOEI Z-6

風切温は結構気になりますが、とにかく軽かったです。また、龍神で共振で吹っ飛んだ時は、このメットでしたがメット表面の塗装はがりがりでしたが、壊れることなく、しっかりと頭部を保護してくれました。安全性はばっちりです。

SHOEI X-TWELVE

現在のメインメットです。バイクが中破するほどの事故を何回か経験しているにも関わらず、傷が入っているのもわからないくらいの頑丈さです。また、風切音もきわめて小さく、高速域での直線の風圧は、他メットに比べて体感できるレベルで違いがあります。性能だけならダントツ推しです。

SHOEI オフメット

モタードで使ってましたので、速度域こそそれほど高くないですが、開けゴケ、ハイサイドなど様々な転倒に対して、きちんと頭部を守ってくれました。オフメットにゴーグル、ツナギ姿はモタード乗りとしてはカッコいいのですが、街中ではただの変態ですよね。

以上、メットの事故報告でしたw

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク