SUZUKI GSX-S1000F 国産カウル付ストリートファイター?

prefixgsxs1000Fsuffix

現在バイク購入検討中につき、候補バイクの調査レポートを上げてまいります。

SUZUKIの力作!

類似商品としては某KAWASAKIにNINJA1000というバイクがありますが、ジャンルがもう一つ不明・・・というのは、ストリートファイターの説明としてSSからカウルを取っ払ったヤツという説明なのが、このバイクは、ストリートファイターにカウルをつけたヤツ・・・SS?ではないんですよね。SSをバーハンドルにして、ストリート向きのセッティングにされたものという位置づけです。それでは、公式データの学習をしましょう。

SUZUKI GSX-S1000F公式ページ

Wikiないっすね。

GSX-S1000Fの特徴

エンジンはGSX-R1000のエンジンをストリート用にチューニング

3モード選択可能なトラクションコントロール搭載

ブレーキはスーパースポーツ用の強力な仕様に、ABS搭載

野獣をイメージさせる美しいスタイリング(メーカー談)

情報量は少ないながらの感想

常々思うのですが、SUZUKIのバイクというのは、他社製品と比べて、圧倒的にコストパフォーマンスに優れていると思います。一方で、デザインが他社に比べて圧倒的にイマイチなのは、イマイチなデザインでバイクに対する愛を試されているのではないでしょうかorz

だって、デザインて、高価な素材が必ず必要とかではなく、しかも大量生産なわけですから、安いからってデザインがダサい必要ないじゃないですか。わざとですよ。絶対。

スポーツライディングをするにあたり、145psという十分な馬力を持ち、カウル付であるために風の抵抗も抑えられます。また、ブレンボブレーキを搭載するなど、足回りの仕様も充実しており、同様のストリートファイターのコンセプトで販売されたけれども、コストダウンのために性能を犠牲にした同メーカーのGSR1000とは大違いです。

この内容でお値段116万円!奥様、これはもう買うしかないですよ!

なんですが、国内仕様の値段なんで逆輸入車だと定価が10万くらい上がるうえに、登録料が国内車より高いんですよね。リッタースポーツバイク買う以上は、国内仕様という選択肢は基本的にはありませんので、実質135万くらいのイメージでしょうか。

それでもこの性能でこの値段は、十分に画期的だと思います。あとは、このSUZUKIデザインを許容できるか否かですねぇ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク