フロントスリップダウン~バイクで転倒しちゃいました

新年明けましておめでとうございます。

新年早々やらかしてしまいました。若干路面が濡れているところや塩カリがまかれているところはあったものの、気温も暖かく、タイヤも十分にある状態で、下りの右コーナーの向き替え時に、フロントが滑って転倒、R1は修理を断念する損傷を受けてしまいました。人体は、いつもながら、かすり傷です。年始という事もあり、いつものツナギ装備ではなかったのですが、上はプロテクター入りのジャケット、下はジーパンの下につけるタイプの薄型プロテクター、シューズはライディングシューズ、グローブはレーシンググローブという装備で、上下ともに4~5枚の重ね着をしていました。また、ヘルメットについては今回もSHOEIのX12は無傷でした。

今回は、人間の操作ミス以外の要因が見当たらないのですが、フロントスリップダウンを誘発した原因というのが、

1.荷重が足りなくて抜けたのか

2.荷重をかけすぎて、グリップ限界を超えたのか

間逆の原因がありえるわけで、特になんの変哲もないコーナーでこけているため、操作感の記憶があいまいなので、反省が難しいところです。ただ、思い当たるところは、久々の快走を楽しんでいたため、「アグレッシブ」なイメージで、モタードを操るようなノリでオーバーアクション気味に操作していました。上体を派手に動かして、腰を切る感じですね。で、ぶっちゃけそれをやると、「いらん入力」が発生するので、良くないのです。「いらん入力」は結果として、フロントタイヤのグリップに対して不必要な負荷をかけるので、グリップ限界が早くなります。SSなどは、元々が前傾姿勢で前荷重になりやすく、他のバイクよりもフロントを限界まで使うように設計されているので、なおさらです。MotoGPとか見てても、どこで荷重移動してるかわからんくらいニュルニュル動いてますよね。特に、気温高めとは言え冬場です。

もう一つは、スロウインファーストアウトが不十分だったのではないかということ、乗る回数が少ない割りに、乗るたびにいじっていたため、R1のブレーキングやエンブレの感覚がまだ十分につかめていなかった結果、進入速度は一緒でも、ブレーキングがあわただしくなっていたと思います。で、向き替え時にブレーキが残ってしまっていたのではないかと思います。

ようするに、調子こいて運転した結果こけましたという結論。もっと丁寧に、基本に忠実な荷重移動を行わなくてはいけなかったということです。

幸い、カウル等がボロボロでも、自走は一応可能な状態だったのと、R1の面倒を見ていただいていたバイク屋さんのマツさんが一緒だったこともあり、その時点でツーリングを離脱して、お店まで先導していただけました。ただ、フロントが、社外カウルにあわせて色々専用部品が必要だったりなんだりで、修理代を見積もったところ高額になってしまうため、今回は復旧を断念する事になりました。現在乗り換えバイクを検討中です。経済的にはあまり余裕がないのですが、最近の転倒がフロントスリップダウンが多いため、ABSがついているバイクがよいだろうということで話をしております。

以上年始早々の事故報告でしたorz

皆様もくれぐれも事故には気をつけて、丁寧な運転をこころがけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク