バイク上達の第一歩

 バイクが上達するために必要だと思う事

それは、少なくとも練習する意識がある時は、「しっかり加速して、しっかりブレーキング」する事です。

乗用車的な上手な運転のイメージというと、スムーズに加速して、スムーズに減速するECOランプが点灯する走りですよね?

でも、その走り方だと、ニーグリップしなくても走れるし、サスの動きもわからないし、漫然とコーナリングしちゃう事になると思うし、前後のブレーキをきちんと使わないと、タイヤの温まりも遅くなるので、グリップの弱い状態で走る事になります。

いい事ないですよね。

確かに、アクセルを開けると音がでかくてご近所迷惑だし、ヤンチャな運転をする迷惑ライダーになってしまう気がするかもしれませんが、そんなことは、バイクが上手になってから気にしましょう。きちんとした技術も身につかずに中低速でふらふら走り続ける方が、よっぽど世間様の迷惑です。

大事な事なので繰り返します(笑)

バイクの運転が上達するのに必要な動きを覚えるのには、直線でガッツリ加速して、コーナーに侵入する前にはきっちり減速する事が必要です。

ではガッツリ加速するには何が必要か?

ちょっと逆説的ですが、ブレーキングに自信が持てる事だと思います。教習所で教えてくれるのは、「止まるためのブレーキ」ですが、バイクで重要なのは「減速しつつバイクの挙動をコントロールするためのブレーキ」です。どんな速度からでも、想定した距離内で、イメージどおりに減速して、自信を持ってコーナリングできるスピードまで落とせるブレーキングができる自信があってはじめて安心してアクセルを開けれるのだと思います。

さらに、ちゃんとメンテをしていて、タイヤとブレーキパッドに不安がない事も必要です。

誤解して欲しくないのは、ブレーキングに自信というのは、教習所の急制動ばりに、ギリギリまで突っ込んでもガツンと減速できる自信という事ではないです。そんな事続けてたら、ガードレールに刺さります。

バイクを制御するためのブレーキは、薄く長くかけるのが基本です。

では、後日あらためて、ブレーキングについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク