コーナリングが苦手な人へ

yamaha_yzf_r1_circuit-wallpaper-3840x2160

コーナリングが苦手な人が覚えるべき事

直進安定性とコーナリングのしやすさは反比例!

コーナリングがもっと上達したいと思ったときに、最初に覚えておくべきこと。
直進安定性が高いバイクは、コーナリングが苦手だし、直進安定性が低いバイクはコーナリングが得意です。(どっちもハイレベルなバイクもありますがw)

では、直進安定性が高い状態とは、どんな状態でしょうか?

  • アクセル開度が大きい時
  • 強くブレーキングしてる時
  • 両腕でがっちりハンドルを抑えてる時

ざっくり乱暴ですが、こんな感じです。したがって、曲がる時には、逆の状態を作ればいいわけです。

  • アクセルは緩めてパーシャルに(感覚掴むまではアクセルオフでもいいくらい)
  • 速度調節は侵入前に終わり、ブレーキは軽く当てている程度でコーナリング(最終的にはコーナリング時のブレーキの使い方を覚えていくのですが、これもミスると転倒につながるので、脱初心者まではブレーキせずともいいかもしれません。)
  • 手放し運転くらい手から力を抜いてハンドルに体重をかけない。(ニーグリップが大事です)

大まかに、この三つを実施してバイクをバンクさせてみましょう。そうすると、勝手にステアリングが曲がってほしい方にきれて、バイクは勝手に曲がってくれます。これがセルフステアです。

※アメリカンは根本これが通用しないのでご注意をorzただし上の3か条は、二輪の性質的に共通のはずです。

ニーグリップの重要性

3番目の手に体重をかけない、というのがコーナリング前は手元の操作が多いため、慣れてないとついつい気づかないうちに、できていない事が多いです。あ、曲がれない!と思うとなおさらブレーキを強くかけるので、ハンドルを押さえがちです。あ、侵入速すぎた!と思った時ほど、意図的に肘を緩めましょう。加えて、ブレーキング時に手に力が入らないために重要なもの、それがニーグリップです。教習所で一本橋以外でその重要性がもう一つわかりにくかったニーグリップ。超重要です。ちなみに派手に内脚を放り出すモタードも、太ももで車体をキッチリホールドしますし、腰を内側にオフセットする場合は外脚をタンクに引っ掛けてホールドします。

構造的にニーグリップできなさそうなバイクもあるので、その場合はブレーキング時に限っていうと、背骨の下の方を丸めてお腹を後ろに引いて尾てい骨でシートをフックすることで、上体に体重がかからないようにします。

ここまでできると、バイクの曲がりにくさを感じる事はあまりないんじゃないかと思いますので、次は、ブレーキの使い方や体重移動によって、サスペンションの伸縮や、バンク角、トラクションなどを操って、よりスムーズにコーナリングを楽しむステップに移っていくわけです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク